死亡保険(死亡保障)とは

・死亡保険(死亡保障)とは

 

死亡保険とは、加入していた人が亡くなった時に保険金が支払われるタイプの保険です。

もし万が一亡くなってしまった場合、残された遺族が困らないために加入します。

したがって、家計を支える世帯主が加入するのが一般的です。

保障期間が一定期間に定められています。

この場合、今30歳の人が60歳に達するまでの間に亡くなった場合、保険金1000万円が支払われます。60歳を超えると支払われません。解約返戻金や満期保険金はないのが一般的で掛け捨てとなります。その分、保険料は少額で大きな保障額が得られます。

保障期間が一生涯となっています。人間いつかは必ず亡くなるので、どこかの時点で必ず1000万円の死亡保険金を遺族が受け取ることになります。保険会社側からすると、必ず1000万円の支払いが発生するので、その分保険料は定期保険などに比べると高くなります。掛け捨てではなく、途中で解約した場合には解約返戻金を受け取れます

長い期間加入した場合などは、支払い保険料の累計額を解約返戻金が上回るケースがあるので、その場合は老後資金の準備などに活用することも可能です。

 

保障期間は一定期間に定められており、定期保険の一種です。

死亡保険金を月額で受け取るタイプとなります(一時金で受け取ることも可能)

徐々に保障額が減っていくのが特徴です。

たとえば、このケースの場合、亡くなった時点から60歳までの間、毎月10万円の保険金を遺族が受け取ります。

となり、年数の経過とともに、遺族の死亡保険金の総受取額は減少していきます。


厳選された全国のFPが皆さんの相談に応じます!(顔写真をクリックすると直接連絡が取れます)
現在74名のファイナンシャルプランナーが登録されています