生命保険見直しのポイント

なぜ保険の見直しが必要なのか

我々ファイナンシャルプランナーが日々の相談業務を受ける中で、数の多い代表的なテーマの一つが
生命保険の見直しです。

 

なぜ多いのか。相談を受けていて感じるのは、皆さん生命保険に入ったきっかけが、知人やその紹介者から勧められるまま加入しているケースが多いということ。

 

しかし、生命保険料は何十年も払い続けるものなので、累計額にするとかなりの金額になります。マイホームに次いで人生2番目に大きな買い物とも言われます。

 

しかし、そんなに大きな支出となる割には、内容を理解し、じっくり比較・検討して加入している入が少ないというのが特徴です。

したがって、自分に必要な保障と加入している保障内容がアンマッチしているケースが多く存在します。
昔(高度成長時代)のように給料が年々上昇していくような時代では、払っているコスト(保険料)はそんなに気になりませんでしたが、今のように将来が不透明な時代では、払っている保険料と保障のバランスに注意を払うことが必要です。

 

大きな買い物だからこそ、無駄な部分を見直すだけで大きな支出カットにつながるのが生命保険見直しの特徴です。
そして節約した保険料を住宅ローンの返済や老後資金の準備などに振り分けるなど、支出の配分をコントロールしていくことが重要です。

 

まずは目的をはっきりさせましょう。

 

保険の目的は大きくわけて3つに分類できます

しかし、これら3つの保障が一つの契約の中に混ざっているケースが多いので理解するのに一苦労です。

しかし、これらが混ざっている場合でも分解すれば必ず3つのどこかにあてはまります。

それぞれ3つの保障は、加入する目的が違うので、それぞれに分けて考えることが大事です。

 

厳選された全国のFPが皆さんの相談に応じます!(顔写真をクリックすると直接連絡が取れます)
現在74名のファイナンシャルプランナーが登録されています