死亡保険の加入が必要な人って?

独身の方はあまり必要のない死亡保障

死亡保険は、残された遺族が暮らしていくのに困らないように加入するものです。

したがって、独身の方にはあまり必要ありません

独身時代に加入する死亡保険の金額は、親や兄弟に迷惑をかけないよう、葬式代などの整理資金程度の保障額で充分です。その分の貯蓄があれば、加入の必要もありません。

高額の死亡保障が必要なのは、扶養される配偶者や子どもがいる家庭となります。

 


厳選された全国のFPが皆さんの相談に応じます!(顔写真をクリックすると直接連絡が取れます)
現在74名のファイナンシャルプランナーが登録されています