絶対知っておくべき!高額療養費制度

医療費総額が100万円でも、最終的な自己負担は8~9万円程度。

 

健康保険では、支払った自己負担額が一定の額を超えたときに高額療養費が支給されます。
医療費の自己負担額は原則3割ですが、同じ月内に一定の計算による額を超えると、超えた額が還付されるというのが高額療養費です。

 

上限額は月収が53万円を超えるかどうかで変わりますが、一般の標準世帯では、月額80,100円+αで済みます。
事前に健康保険組合等からの限度額適用認定書を医療機関の窓口に出せば、窓口では高額療養費を差引いた自己負担限度額の支払いで済みます。ただし、差額ベッド代等は対象外なので注意が必要です。

一般(月収53万円未満) 80,100円+(かかった医療費-267,000円)×1%
上位所得者(月収53万円以上) 150,000円+(かかった医療費-500,000円)×1%
低所得者(住民税非課税) 35,400円

ちなみに、70歳以上75歳未満の一般の人の自己負担限度額は44,400円が上限です。

医療費だけを見てしまうと、かなり負担が大きいと感じてしまうかもしれませんが、高額療養費制度を使えば、意外と自己負担は少なくて済みますので是非覚えておきましょう。

申請は、自ら申請しない限り差額が支給されない健康保険組合と自動精算してくれる健康保険組合がありますので、申請の必要有無について確認しておきましょう。

 

厳選された全国のFPが皆さんの相談に応じます!(顔写真をクリックすると直接連絡が取れます)
現在74名のファイナンシャルプランナーが登録されています