いくらのローンならば返せるのか

  借りられる金額は25%程度返せる金額は20%以内に?

 一般的に 住宅ローンにおいて、1年間の返済額が年収の25%程度ならばローン審査もとおり、安心して返済ができると言われます。

年収の25%というルールに沿って考えてみると上記のケースの場合、

年収533万円(533万円×25%=133.3万円)以上の方でないと安心して借りられないということになります。

 

但し、今は年収は増えるどころか減っていく人も多くなっている時代。

借りられる金額は、年収の25%であっても、慎重に考えて20%程度でなければ安心とは言えないかもしれません。 経済状況によっては、年収が減少する可能性がゼロではないとすると、ますます慎重な対応が必要となります。 

  多くあれば節約になる!?頭金!!

「頭金」とは、住宅を購入する際に物件価格の代金の一部を支払う「現金」のことです。最近は、一定の条件を満たせば頭金なしでローンを組むことも可能です。しかし、頭金なしのローンは借入金額が大きくなり返済額も大きくなります。

一方、頭金が多くあれば返済額が少なくなり、楽に返せます。頭金として準備する金額の目安は、購入価格の20%以上です

頭金を入れると大きな節約に・・・

 

上記のように頭金を利用することで返済額を大きく減らし、節約になるケースがありますので、頭金の利用は重要なポイントの1つです。

厳選された全国のFPが皆さんの相談に応じます!(顔写真をクリックすると直接連絡が取れます)
現在74名のファイナンシャルプランナーが登録されています