借換えで数百万円も節約になるケースも・・・・

借換する際のポイント

 住宅ローンの借換とは、総返済額または毎月の返済額を減額することや金利の上昇リスクを考え、今の住宅に住み続けながら現在ご返済中の住宅ローンを全額返済し、条件の異なる住宅ローンを新たに借り入れることです。

 

 

   その1 ローン残高が1000万円以上

   その2 残りの期間が10年以上

   その3 借り換え前と借り換え後の金利差が1%以上

住宅ローンをうまく借り換えることができれば総額で数百万円お得になることも珍しくありません。可能性があると思ったら手続きの手間を惜しまずに検討してみましょう。

借換を検討する前に

住宅ローンは以前と比べると低水準です。借換の検討余地はあるでしょう。但し、住宅ローンの借換を行うと必ず得になるわけではありませんので注意が必要です。

住宅ローンの借換は無料ではない

住宅ローンを初めて組んだとき、保証料、登記費用、抵当権設定費用、事務手数料等の費用が発生したように、住宅ローンを借り換える際も、これらの費用が発生します。

特に、保証料はご自身の収入やどこの銀行で借りるかによって大きく異なります。気になる方は、銀行またはファイナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

厳選された全国のFPが皆さんの相談に応じます!(顔写真をクリックすると直接連絡が取れます)
現在74名のファイナンシャルプランナーが登録されています