ガン保険の必要性

 現在の日本人の2人に1人ががんを発症し、さらに3人に1人はお亡くなりになるという発表が厚生労働省からありました。今後は、さらに3人に2人ががんを発症し、2人に1人が亡くなるとまで言われていることから、がんへの関心が高くなるのもある意味当然なのかもしれません。

以上のようなデータから、もしがんを発症した場合に対する備えをしたい、さらにがん治療には経済的に負担がかかる等の理由で、がん保険に加入される方が多くいらっしゃいます。

また、がん保険は、保障の対象としてがんに特化しているため、医療保険よりも安い保険料で、しかも保障が手厚いといったことも、支持されている理由の一つです。


厳選された全国のFPが皆さんの相談に応じます!(顔写真をクリックすると直接連絡が取れます)
現在74名のファイナンシャルプランナーが登録されています