長い夏休みを有効に過ごそう

 

——-☆一歩先をゆくマネ活バイブル とっておき得々情報☆——————————

 

【長い夏休みを有効に過ごそう】

 

子供さんがいるご家庭では、いよいよ夏休みが始まったところかと思います。

多くのご家庭では、長い夏休み、子供と一日どう過ごすか、お昼ご飯を含めて

三食きちんと食べさせるのもなかなか大変・・など悩ましいこともあるのではないでしょうか。

せっかくなら有効に過ごしたい、でも、気がつけば朝からダラダラと時間だけが

過ぎていってしまい、一日が終わる頃には疲労感と虚無感に・・・

 

人間は自由が多すぎるというのもストレスになるといいます。

自由になる時間だけはたっぷりある夏休み。

お金をかければあちこち行くことも楽しめますが、家計の中で許されるレジャー費には限りがあります。

 

ストレスを作らないためには、自由だけど、そこの中に少し時間の縛りを作ること。

一日の中ですべきことを決めたら、できる限り日々時間を守ってこなしていくことです。

 

たとえば一日に一冊は本を読むと決めたら、朝の頭がスッキリしている時に本を一緒に読む。

夏休みの宿題があれば、朝食後に一定時間やる、と決めるなど。

昔からある地域のラジオ体操へ参加するのも非常に効果的ですよね。

早起きしてムリのない範囲で体を動かすと、体が覚醒して一日が気持ちよくスタートできます。

さらに時間が決まっているので、体も早起きリズムに慣れてくることができます。

 

一日の流れの中に、ほんの少しでもいいのでスケジュールを組んでこなしていくことで

自由の中に意識的に「きちんと感」を作っていくのです。

そうすることで心身ともに充実感のある毎日を過ごしていけることでしょう。
よしがみみえこアメブロ
http://ameblo.jp/heartfulfp/

 

 

家計のつぼ
執筆者:家計のつぼ