家計節約のつぼ 

家計節約のつぼ

家計の貯蓄を増やす一番の近道は、毎月の家計の「支出を減らす」ことです。

まずは、どのようにお金を使っているか? を知ることからスタートしましょう!

そして、無理せず始められる支出項目から節約にチャレンジしていくことが、家計節約「成功」のカギです。

 

〇節電

季節によって支出金額が大きく変動する電気代。賢く使って電気代を上手にコントロールしましょう。

 

→節電のポイント

毎月支払う電気代は分かっていても、どれだけ電気を使っているか(使用量)?を知っている人はごくわずか。検針票を見て、夜間と昼間のどちらが多く電気を使用しているか? 契約内容は? 契約アンペア数は? 毎月の基本料金はいくら? 等について知ることが大切です。

毎月の使用量 検針票の使用量の欄にKwh(キロワットアワー)で表示されます。昼が××Kwh 、夜間が××Kwh、合計××Kwhと記載されています。電気単価は時間帯や従量により1Kwhごとの単価が決められています。従量制の単価は使用量が高くなるにつれ電気単価が高くなる仕組みです。そのため電気の使用量を減らせば、電気代をぐっと下げることができます。
契約内容 時間帯に関係なく24時間電気代が一定の「従量電灯」、電気単価が割安な夜間の「時間帯別電灯」(夜間8時間型は午後23時~午前7時。夜間10時間型は午後22時~午前8時)・ピーク抑制型季節別時間帯別電灯・季節別時間帯別電灯・深夜電力など、現在の契約内容が生活スタイルに合っているかを、ぜひご確認ください。契約内容のメニューは各電力会社によります。
契約アンペア数・基本料金 契約アンペア数により「30Aアンペア・・819円」、「60Aアンペア・・・1639円」など、毎月の基本料金が違います。オール電化住宅等の場合には「kVA」と表示され「1kVA」で「10A」に相当します。「6kVA」と記載されていれば「60Aアンペア」の契約です。
執筆者:土田 美佳子

大切な人生をより豊かに暮らして頂くための「Do Your Best Plan」を実現へと導くお手伝いをいたしております。福井県のライフプラン(住宅・教育)、家計見直し、保険相談は当事務所にお任せください!!
(スカイプで全国対応も可)