7月29日 投資信託トップ

資産運用選手権 投資信託(401K)レース、7月4週目の速報です。

全体のレース展開は、参加者6名中5名がマイナスの週になりました。
全体のレース展開は、1位が2週連続メンチカツさんです。
2位は、久保田正広さんで1位との差は3,753円です。
3位はヤンバルクイナさんで1位との差は4,233円です。
上位3名のは僅差の争いを続けています。

Bクラスは少し離されて横一線です。
4位はすぬさんがキープ、、
5位はFP研究所 植田、最下位はよしきさんです。
7月23日から27日までの運用結果がプラスだった投資信託は次の3本です。
1位 MHAM原油先物ファンド(ショート型) 【久保田正広さん】週間上昇率 +3.56%
2位 MHAMJ-REITアクティブファンド【メンチカツさん】週間上昇率 +0.83%
3位東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ)【すぬさん】週間上昇率 +0.30%

今週2位の東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ)【すぬさん】は、
主要投資対象が、日系発行体(日本企業もしくはその子会社、日本の政府機関など)が
世界で発行するBBB格相当以上の外貨建ての債券や優先出資証券などで、
ポートフォリオのデュレーションは概ね3~5年程度、市況環境・投資対象の発行量や流動性等を勘案して適宜、調整するファンドです。
原則として為替ヘッジを行います。

残念ながら、運用結果が良くなかった投資信託は次の4本でした。

楽天日本株トリプル・ブル【よしきさん】 週間下落率 -4.08%
MHAM原油先物ファンド(ロング型)【久保田正広さん】 週間下落率 -3.97%
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド【メンチカツさん】週間下落率 -3.72%
イーストS・インドネシア株式オープン【 FP研究所 植田】 週間下落率 -2.73%

 

今週は欧米の金融政策に注目です。
欧州では、ECB理事会が開催されます。
ECBの総裁は欧州単一通貨ユーロを守るために必要なあらゆる措置を取ると表明し、
スペインとイタリアの国債利回り上昇がユーロの存続を脅かす中で債券市場への介入も辞さない姿勢を示唆しています。
それだけに、ECB理事会で何らかの施策が打ち出される可能性があますが、インパクトが乏しければ織り込み済み、何も動かなければ失望売りが膨らむ可能性があります。
それでは、疾走中の6名の7月4週間の運用成果をみてみましよう!!

 

第1位 メンチカツさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で12,410円減り、1,041,984円になりました。
総資産の増加率は+4.19%で首位をキープです。
このまま首位固めには入るのでしょうか?
7月23日から27日までの1週間の運用結果は、
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンドは-3.72%、
MHAMJ-REITアクティブファンドが+0.83%、
野村DC外国債券インデックスFは-0.63%で首位はキープですが資産は減る結果となりました。

第2位 久保田正広さん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で14,648円減り、1,038,231円になりました。
先週は1週間で14,077円のプラスでしたが、今週は失速です。
総資産の増加率は+3.82%で2位ですが1位との差は僅かです。
7月23日から27日までの1週間の運用結果は、
SBIセレブライフ・ストーリー2025は-1.99%、MHAM原油先物ファンド(ショート型)は+3.56%
で貢献ですが、
逆張りのMHAM原油先物ファンド(ロング型)は-3.97%でした。
ひふみプラスは-0.47%でした。
総資産は減りましたが首位は射程距離です。

第3位 ヤンバルクイナさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で7,446円減り1,037,751円になりました。
総資産の増加率は+3.77%です。
7月23日から27日までの一週間の運用結果は、
インデックスファンドTSPが-1.01%で失速、
短期豪ドル債オープン(毎月分配型) は-0.80%です。
現時点では3位ですが、6月はレースの主役でした!!首位だ奪還はあるのでしょうか?

第4位 すぬさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で187円増えて、1,008,111円になりました。
総資産の増加率は+0.81%で4位に定着です。
他の疾走者5目が総て資産を減らす中で、唯一資産を増やしました。
7月23日から27日までの1週間の運用結果は、
東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) が+0.30%、
日本公共債ファンド2020は-0.03%でした。
大和住銀日本小型株ファンドは-0.25%
物価連動国債ファンドは-0.02%でした。
総資産に大きな変動がありませんが、周りが失速する中、堅実なレースを続けています。

第5位 FP研究所 植田

100万円の手元資金からスタートした総資産は、今週は11,890円減り1,002,995円になりました。
総資産の増加率は+0.29%です。
7月23日から27日までの1週間の運用結果は、
イーストS・インドネシア株式オープンが-2.73%と失速、
その他も、
シンガポール投資ファンドが-1.68%、JPM・VISTA5・ファンドが-1.08%
HSBC中国人民元ファンドが-0.86%、ベトナム・ASEAN・バランスファンドが-1.83%で
で全滅です。
このままでは最下位転落の危機です。

第6位 よしきさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で5,143円減り、1,000,573円になりました。
総資産の増加率は0.057%です。
総資産は減りましたが、プラス運用は死守しました。
7月23日から27日までの1週間の運用結果は、
楽天日本株トリプル・ブルが-4.08%で大失速です。
楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎 は-1.01%、
世界経済インデックスファンドは-1.52%、PIMCO米国ハイイールド債券(豪ドル) は-0.87%、
MHAM物価連動国債ファンドは-0.01%、
総ての投資信託がマイナス運用でした。
こらからの巻き返しに期待しましょう。

それではまた1週間後をお楽しみに。

(実況担当:FP研究所 小川)

主な指標(7/29時点)

項目 前週末比
日経平均株価 8566.64円 -103.23円(-1.1%)
TOPIX 726.44 -7.38(-1.0% )