投信トップ11月11日

こちらは、資産運用選手権 投資信託(401K)レース、11月第2週の速報会場です!!

米大統領選後の米国市場は財政問題への懸念からリスク回避の動きとなり急落、週末の米国ダウ平均は前日比121.41ドル安の12811.32ドルでで大幅続落で終了です。
この米国市場の流れを受けて週末の日経平均も5日連続での下落となりました。

その影響でしょうか選手権全体の総資産も一週間で-1.41%(-90,773円)、疾走者も6名全員がマイナス運用という残念な結果になりました。

運用結果がプラスだったのは【すぬさん】の債券型ファンド2本だけでした。

1位は12週連続でメンチカツさん!!
2位との差は26,426円まで縮まってきました。
追いかける2位のFP研究所 植田は3位のヤンバルクイナさんに14,992円の差をつけて一歩先に!!
4位のよしきさんは一週間で2.75%の大失速、Aクラスが霞んできました。
5位と6位の争いはすぬさんが、12,367円の差をつけて引き離しにかかりました!!
久保田正広さんは今週もマイナス運用で総資産が赤字に転落の大ピンチです。

11月5日から9日までの運用結果がプラスだったのは投資信託は次の2本です。

1位 東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) 【すぬさん】 週間上昇率 +0.37%
2位 日本公共債ファンド2020【すぬさん】 週間上昇率 +0.31%

今週2位の日本公共債ファンド2020 【すぬさん】は、
主要投資対象が、信託終了日に近い日を償還日とする円建ての公社債で、ポートフォリオ構築にあたっては、地方債や国債などの公共債を中心に投資を行い、原則として、投資する公社債の償還日はこの投資信託の信託終了日を越えないものとし、安定的な収益の確保をめざす投資信託です。

残念ながら、運用結果が良くなかった投資信託は次の7本でした。

楽天日本株トリプル・ブル【よしきさん】 週間下落率 -10.73%
インデックスファンドTSP【ヤンバルクイナさん】 週間下落率 -2.93%
MHAMJ-REITアクティブファンド【メンチカツさん】 週間下落率 -2.35%
世界経済インデックスファンド【よしきさん】 週間下落率 -2.17%
短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 【ヤンバルクイナさん】 週間下落率 -2.16%
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)【よしきさん】 週間下落率 -2.13%
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド【メンチカツさん】 週間下落率 -2.03%

先週の米国市場は米大統領選後の財政問題の方向性への懸念から、リスク回避の姿勢が強まり急落しました。
週末の米国ダウ平均も前日比121.41ドル安の12811.32ドルで大幅続落です。
この米国市場の流れを受けて週末の日経平均も朝方からリスク回避の姿勢が強まり、5日連続で下落となりました。
今週の国内の株式相場は、懸念されている米国の「財政の崖」と「大型減税策の失効」
の行方の不透明感から神経質な展開になりそうです。

中国の10月消費者物価指数・生産者物価指数がほぼ市場予想通りで、上海市場も反発してるのは明るい材料ですが、
米国は10月の雇用統計は市場予想をやや上回る結果でしたが、景気の先行きに対する見方は決して明るくありません。
欧州では、ECB総裁のドイツ経済への懸念表明、ギリシャ支援に対する悲観的な見方など不安材料が出ていて、
12日のユーロ圏財務相会合の動向に注目が集まっています。

こうした状況から為替相場はドル安、ユーロ安に動くとの見方が優勢で、これが株式市場の重しとならなければ良いのですが。
それでは、疾走中の6名の運用成果をみてみましよう!!

第1位 メンチカツさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で21,062円減って1,102,790円になりました。
総資産の増加率は+10.2%まで下がりました。
11月5日から9日までの運用結果は、
MHAMJ-REITアクティブファンドは-2.35%、野村DC外国債券インデックスFは-1.29%、
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンドは-2.03%でした。
2位と3位の追い上げを受けて独走に黄信号が点灯でしょうか!!

第2位 FP研究所 植田

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で11,090円減って1,076,364円になりました。

総資産の増加率は+7.63%です。
11月5日から9日までの運用結果は、
HSBC中国人民元ファンドが-0.62%、イーストS・インドネシア株式オープンが-1.43%、
JPM・VISTA5・ファンドが-0.96%、
ベトナム・ASEAN・バランスファンドが-1.92%、シンガポール投資ファンドが-1.21%でした。
総資産は減りましたがメンチカツさんとの差は僅かに縮まりました。

第3位 ヤンバルクイナさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で18,400円減って1,061,442円になりました。
総資産の増加率は+6.14%、3位争いから一歩後退です。
11月5日から9日までの運用結果は、
フィデリティハイイールドボンドAコースが-0.89%、
インデックスファンドTSPが-2.93%、
短期豪ドル債オープン(毎月分配型) が-2.16%
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は-0.97%でした。
首位との差はまだ41,348円です。
まずは2位奪取!! 今週の挽回に期待しましょう。
第4位 よしきさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で29,396円減って1,036,926円になりました。
総資産の増加率は+3.69%で、今週は大きく資産を少し減らしてしまいました。
11月5日から9日までの運用結果は、
楽天日本株トリプル・ブルが-10.73%で大失速
アジアエクイティ・インカムF(毎月分配型)は-0.19%
アジア・パシフィック・ファンドは-1.22%
世界経済インデックスファンドは-2.17%、
フィデリティ・USリート・ファンドBは-2.13%でした。
すぬさんの猛追を受けて5位転落の危機です。
今週はなんとか巻き返しをしないと。
第5位 すぬさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で1,633円減って1,022,135円になりました。
総資産の増加率は+2.21%です。
連続でのプラス運用は7週連続でストップしましたが、他の疾走者が大きく資産を減らす中で、
僅か2千円弱のマイナスで踏みとどまったのは大健闘です。
11月5日から9日までの運用結果は、
日本公共債ファンド2020が+0.31%、東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) が+0.73%、
大和住銀日本小型株ファンドは-1.34%、物価連動国債ファンドは-0.03%でした。
連続でのプラス運用は7週でストップしましたが、よしきさんの背中が見えるところまで来ました。
このまま好調維持で、まずは4位を奪取!!
第6位 久保田正広さん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で9,162円減って1,009,768円になりました。
総資産の増加率は+0.09%で、残念ながら今週もの最下位です。
11月5日から9日までの運用結果は、コモディティ・トレンド・オープンは-0.02%、
eMAXISバランス(波乗り型)は-1.72%でした。
5位奪回どころか総資産が赤字の大ピンチです。
投資暦10年の大本命が目覚めるのはいつか!!
大混戦の11月!!
今週は順位の大変動がありそうな予感です。
それではまた1週間後をお楽しみに
(実況担当:FP研究所 小川)

主な指標(11/11時点)

項目 前週末比
日経平均株価 8757.6円 -293.61円(-3.2%)
TOPIX 730.74 -21.35(-2.8% )