投信トップ10月27日

こちらは、資産運用選手権 投資信託(401K)レース、10月第4週の速報会場です!!

先週は30日の金融政策決定会合で追加緩和を実施するとの報道を受けて為替相場は円安方向、日経平均は上昇でしたが、
週末はアジア株安や円安基調が一服、日銀の追加金融緩和観測に対する期待上昇の反動などで、100円超の下げ、乱降下の一週間!!

その影響か?選手権全体の資産も一週間で-0.28%(-18,026円)疾走者も6名中4名が資産を減らしました。
1位は10週連続でメンチカツさん!! 2位との差は38,609円で独走はしばらく続きそうです。
追いかける2位のFP研究所 植田と3位ヤンバルクイナさんは6,057円差で併走中、どちらが生き残るのか??
よしきさんは先週好調の反動か4位はキープですがマイナス運用でAクラスからは少し離されてしまいました。
5位と6位の争いは熾烈です。
すぬさんが7週連続のプラスで最下位脱出!!8月3日以来の5位奪回です!!
久保田正広さんは今週もマイナス運用で残念ながら最下位に後退です。

 

10月22日から26日までの運用結果が良かった投資信託は次の5本です。
1位 MHAMJ-REITアクティブファンド 【メンチカツさん】 週間上昇率 +2.01%
2位 HSBC中国人民元ファンド 【FP研究所 植田】 週間上昇率 +1.43%
3位 大和住銀日本小型株ファンド 【すぬさん】 週間上昇率 +1.36%
4位 短期豪ドル債オープン(毎月分配型) 【ヤンバルクイナさん】 週間上昇率  +0.83%
5位 アジア・エクイティ・インカムF(毎月分配型) 【よしきさん】週間上昇率  +0.79%

今週1位のMHAMJ-REITアクティブファンド【メンチカツさん】は、
日本の金融商品取引所に上場している不動産投資信託証券(J-REIT)が実質的な投資対象で、
個別銘柄の調査・分析に基づく銘柄選択により付加価値の獲得を追求している投資信託です。

残念ながら、運用結果が良くなかった投資信託は次の5本でした。

コモディティ・トレンド・オープン【久保田正広さん】 週間下落率 -3.17%
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド 【メンチカツさん】 週間下落率 -2.69%
楽天日本株トリプル・ブル 【よしきさん】 週間下落率 -2.11%
インデックスファンドTSP 【ヤンバルクイナさん】 週間下落率 -1.76%
フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)【よしきさん】 週間下落率 -1.69%

今週の東京市場は下方修正銘柄に対する材料出尽くしムードが強まっていて、円安基調と合わせ買いが優勢になりそうです。注目は30日の日銀金融政策決定会合。
先週の国内市場は、25日の午後に日銀が30日の金融政策決定会合で追加緩和を実施するとの報道を受けて為替相場は円安方向に振れ、株式相場の上昇に拍車がかかりましたが、週末の日経平均はアジア株安や円安基調の一服、日銀の追加金融緩和観測に対する期待で前日上昇した反動などから100円超の下げ幅になりました。
日銀金融政策決定会合の追加緩和では、資産買い入れ基金を10兆円以上増額する可能性のほか、短期・長期国債の増加、リスクの高い資産(ETF等)の買い入れの増額なども検討されます。
市場のコンセンサスも概ね「追加5兆円~10兆円程度」になっているので、市場の期待値のハードルはかなり上がってしまった感があります。
決定会合後の動きが注視しましょう。
企業の決算発表も月末の31日にピークを迎えます。
マーケットは業績下振れリスクをある程度織り込んでいます。海外市場は週末の米国株式市場が小幅高でした。
25日のダウ平均は前日比26.34ドル高の13103.68ドルで終ですが、9月耐久財受注や新規失業保険申請件数の結果が好感され、一時87.18ドル高まで上昇、、引け後にアップルの決算発表を控え次第にポジション調整の売りに押される展開になりました。
ドル円相場は、先週末79.63円、80円前後での円安基調が続いています。
今週もこの流れが続くのでしょうか。
中国の株安と併せて気になるところです。

それでは、疾走中の6名の運用成果をみてみましよう!!

第1位 メンチカツさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で181円減って1,115,182円になりました。
総資産の増加率は+11.51%になりました。
10月22日から26日までの運用結果は、
MHAMJ-REITアクティブファンドは+2.01%、野村DC外国債券インデックスFは+0.51%、
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンドは-2.69%でした。
2位と3位の追い上げは受けていますが、連続のプラス運用は4週でストップしましたが、スタートから5ヶ月で総資産10%以上のプラスはお見事!!

第2位 FP研究所 植田

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で60円増えて1,076,573円になりました。
総資産の増加率は+7.65%です。
10月22日から26日までの運用結果は、
HSBC中国人民元ファンドが+1.43%、イーストS・インドネシア株式オープンが+0.27%、
JPM・VISTA5・ファンドが+0.02%で好調。
ベトナム・ASEAN・バランスファンドが-0.33%、シンガポール投資ファンドが-0.76%でした。
資産を減らす疾走者が多い中でのプラス運用はまずまずです。
新興国銘柄の恩恵でメンチカツさんを追いかけましょう!!

第3位 ヤンバルクイナさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で2,918円減って1,070,516円になりました。
総資産の増加率は+7.05%、僅かの差で3位です。
10月22日から26日までの運用結果は、
フィデリティハイイールドボンドAコースが-0.30%、
インデックスファンドTSPが-1.76%、
短期豪ドル債オープン(毎月分配型) が+0.83%
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は+0.38%で2銘柄がプラス運用です。
首位との差はまだ44,666円。
まずは2位奪取!! 邪魔なFP研究所 植田を早く蹴落としましよう。

第4位 よしきさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で4,990円減って1,060,383円になりました。
先週が4万円以上のプラスだった反動でしょうか、今週は資産を少し減らしてしまいました。
10月22日から26日までの運用結果は、
楽天日本株トリプル・ブルが-2.11%で失速
アジアエクイティ・インカムF(毎月分配型)は+0.79%
アジア・パシフィック・ファンドは+0.69%
世界経済インデックスファンドは-0.48%、
フィデリティ・USリート・ファンドBは-1.69%でした。
今週の巻き返しに期待しましよう。

第5位 すぬさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で4,672円増えて1,020,853円になりました。
総資産の増加率は+2.08%です。
10月22日から26日までの運用結果は、
日本公共債ファンド2020が+0.17%、大和住銀日本小型株ファンドは+1.36%、
東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) は+0.09%、物価連動国債ファンドは+0.18%で6週連続プラス運用です。
ついに最下位脱出!!よかつた!!よかった
7週連続でこつこつと資産を増やしてきた結果がついに報われました!!
このまま好調維持でAクラスを目指しましょう!!

第6位 久保田正広さん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で14,669円減って1,014,994円になりました。
総資産の増加率は+1.49%で、残念ながらの最下位転落です。
10月22日から26日までの運用結果は、コモディティ・トレンド・オープンは-3.17%、
eMAXISバランス(波乗り型)は-0.13%でした。
投資暦10年のプライドにかけてこのままで終わるわけにはいきません!!
11月の銘柄入替えで勝負をかけるのか??巻き返しの戦略に注目しましよう。
投資信託のレースも残り2ヶ月です。
次週は11月の銘柄入替え後の速報です。
それではまた1週間後をお楽しみに
(実況担当:FP研究所 小川)

主な指標(10/28時点)

項目 前週末比
日経平均株価 8933.06円 -69.62円(-0.7%)
TOPIX 741.23 -13.16(-1.7% )