投信トップ 9月16日

資産運用選手権 投資信託(401K)レース、9月2週目の速報です。

今週は、疾走者6名中4名がプラス運用でした。

今週の1位は4週連続でメンチカツさんです。
総資産で2位を33,250円の差をつけて独走体勢になりそうです。
2位から4位は、僅か6,223円以内にひしめく団子状態になりました。
2位は首位を奪回を狙うヤンバルクイナさん、3位は久保田正広さん、
4位は、順位をひとつ上げてよしきさんです。
5位に後退のFP研究所 植田と6位はすぬさんは上位争いからは少し離されてしまいました。
9月10日から14日までの運用結果が良かった投資信託は次の5本です。

 

1位 楽天日本株トリプル・ブル【よしきさん】週間上昇率 +8.07%
2位 インデックスファンドTSP【ヤンバルクイナさん】 週間上昇率 +2.83%
3位 アジア・パシフィック・ファンド【よしきさん】週間上昇率 +1.88%
4位 ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド【メンチカツさん】週間上昇率 +1.01%
5位 短期豪ドル債オープン(毎月分配型)【ヤンバルクイナさん】 週間上昇率 +0.96%
今週1位の楽天日本株トリプル・ブル【よしきさん】は、
主要投資対象が、国内の株価指数先物取引および短期公社債で、株価指数先物取引の買建額と株式の組入額を合計が、
投資信託財産の純資産総額の3倍程度となるように調整し、日々の基準価額の値動きが国内の株式市場全体の値動きに対して、
概ね3倍程度となることを目指し、利用する株価指数先物取引の種類を、流動性、効率性等を勘案して決めるファンドです。

残念ながら、運用結果が良くなかった投資信託は次の5本でした。

ベトナム・ASEAN・バランスファンド【FP研究所 植田】 週間下落率 -1.68%
JPM・VISTA5・ファンド【FP研究所 植田】 週間下落率 -1.25%
HSBC中国人民元ファンド【FP研究所 植田】 週間下落率 -1.20%
コモディティ・トレンド・オープン【久保田正広さん】 週間下落率 -1.12%
アジア・エクイティ・インカムF(毎月分配型)【よしきさん】 週間下落率 -1.00%

今週は内外ともに波乱の予感です。
国内は日経平均は8月20日につけた直近の戻り高値(9,222円)を更新すると、
心理的な節目の9,500円程度まで上昇がありそうです。
相場のカギを握るのは日銀が18~19日に開催する金融政策決定会合です。
ECBが南欧国債の無制限購入、FRBはQE3に踏み切ったことで、日銀も何らかの策を迫られる公算が大です。
為替市場は、米国がQE3に踏み切ったことで、1ドル=77円台前半まで円高が進行しており、円高対策という側面からも追加緩和に動く可能性が十分にあります。
海外市場では、中国9月HSBC製造業PMI速報に注目です。
足元でマクロ指標の悪化が顕著ですがさらに鮮明となれば、世界的な楽観ムードに冷や水を浴びせかねません。
それでは、疾走中の6名の運用成果をみてみましよう!!
第1位 メンチカツさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で6,169円増えて1,089,967円になりました。
総資産の増加率は+8.99%です。
9月10日から14日までの運用結果は、
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンドが+1.01%
MHAMJ-REITアクティブファンドは+0.78%でしたが、
野村DC外国債券インデックスFは-0.15%でした。
今週も総資産額を増やして視界は良好のようです。

第2位 ヤンバルクイナさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で15,019円増えて1,056,717円になりました。
総資産の増加率は+5.67%で2位を守りました。
9月10日から14日までの運用結果は、
インデックスファンドTSPが+2.83%、短期豪ドル債オープン(毎月分配型) が+0.96と健闘しましたが、
フィデリティハイイールドボンドAコースが-0.65%、
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は-0.36%。
全体では15,019円のプラス運用でした。
首位奪還には連続でのプラス運用が必要です!!
今週の成果に期待しましよう!!

第3位 久保田正広さん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で2,420円減って、1,053,191円になりました。
総資産の増加率は+5.31%で3位に留まりました。
9月10日から14日までの運用結果は、
今月から参戦のeMAXISバランス(波乗り型)は+0.60%、
コモディティ・トレンド・オープンは-1.12%でした。
全体では2,420円のマイナスでしたがAクラスには踏みとどまりました。
これからの巻き返しに期待しましょう。

第4位 よしきさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で21,523円増えて、1,050,494円になりました。
総資産の増加率は+5.04%で、FP研究所 植田を抜いて混戦に割り込みです。
9月10日から14日までの運用結果は、
楽天日本株トリプル・ブルが+8.07%と大爆発!!、
世界経済インデックスファンドが+0.69%で
新規に購入のアジアエクイティ・インカムF(毎月分配型)は-1.00%
フィデリティ・USリート・ファンドBは-0.54%
アジア・パシフィック・ファンドは、+1.88%でした。
1週間で総資産を21,523円増やしたのはすごい!!
9月は好成績のスタートです。

Aクラス浮上で台風の目となるのでしょうか??

第5位 FP研究所 植田

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で10,882円減って、1,026,788円になりました。
総資産の増加率は+2.67%です。
9月10日から14日までの運用結果は、
シンガポール投資ファンドは+0.75%、イーストS・インドネシア株式オープンが-0.40%でしたが、
ベトナム・ASEAN・バランスファンドが-1.68%、JPM・VISTA5・ファンドが-1.25%、
HSBC中国人民元ファンドも-1.20%と失速、1週間で1万円以上のマイナスは痛い!!
9月の銘柄入替えを様子見にしたのが裏目にでました。
優勝争いに残れるか厳しい状況に追い込まれました。

第6位 すぬさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で895円増えて、1,006,687円になりました。
総資産の増加率は+0.66%です。
9月10日から14日までの運用結果は、
日本公共債ファンド2020が+0.12%、大和住銀日本小型株ファンドは+0.59%でしたが、
東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) は-0.11%、物価連動国債ファンドは+0.06%でした。

今週はプラス運用でしたが、なかなか最下位を脱出できませんね。

9月も大混戦のレース展開です!!
今週の順位はどのようになるのでしょうか??
それではまた1週間後をお楽しみに
(実況担当:FP研究所 小川)

主な指標(9/16時点)

項目 前週末比
日経平均株価 9159.39円 +319.48円(+3.6%)
TOPIX 756.88 +25.24(+3.4% )