投信トップ8月26日

資産運用選手権 投資信託(401K)レース、8月4週目の速報です。
8月は毎週首位が入れ替わる大混戦が続いています。

今週の1位はメンチカツさんです。
2週間ぶりに首位を奪回しました!!
2位はヤンバルクイナさん、1位との差は少し離されて17,203円です。
3位は久保田正広さんが奪回、2位との差は17,356円です。
4位はFP研究所 植田、1週間でBクラスに後退です。
僅差で5位がよしきさん、6位はすぬさんです。
8月20日から24日までの運用結果が良かった投資信託は次の5本です。

1位 MHAMJ-REITアクティブファンド 【メンチカツさん】 週間上昇率 2.35%
2位 ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド 【メンチカツさん】 週間上昇率 0.91%
3位 東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) 【すぬさん】 週間上昇率 0.46%
3位 野村DC外国債券インデックスF 【メンチカツさん】 週間上昇率 0.43%
4位 大和住銀日本小型株ファンド 【すぬさん】 週間上昇率 0.31%
今週3位の 野村DC外国債券インデックスF 【メンチカツさん】は、
確定拠出年金専用ファンドで、主要投資対象は、外国の公社債で、
シティグループ世界国債インデックスの中長期的な動きを概ね捉える投資成果を目指し、
金利の変動によりファンドの基準価額は変動するファンドです。

残念ながら、運用結果が良くなかった投資信託は次の4本でした。

ベトナム・ASEAN・バランスファンド 【FP研究所 植田】 週間下落率 -6.49%
楽天日本株トリプル・ブル 【よしきさん】 週間下落率 -3.69%
楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎 【よしきさん 】週間下落率 -2.80%
PIMCO米国ハイイールド債券(豪ドル)【よしきさん】 週間下落率 -2.25%

今週は国内、海外とも波乱含みです。
国内は、日経平均が心理的な節目の9,000円をあっさり割り込むと、調整色を強める可能性があります。海外は欧米株式市場に上昇一服感が漂っているほか、中国株は下値を模索中となっています。カギを握るのは、米国の金融政策を巡る動きです。
FOMC議事録で多くのメンバーは景気が十分かつ持続的な回復の兆候を示さない限り、追加緩和が近く必要になる可能性が高いと判断していたことが明らかとなり、再び追加緩和観測の思惑が浮上しています。
中国市場の動向も、足元では、発表されたマクロ指標の悪化が顕著で、23日発表の8月HSBC購買担当者景気指数(PMI)も9カ月ぶりの低水準に落ち込んでいます。
景気減速懸念から上海総合指数は約3年半ぶりの安値に沈んでおり、今後利下げなどの景気刺激策が打ち出されるかどうか注目されています。

それでは、疾走中の6名の8月4週目の運用成果をみてみましよう!!

第1位 メンチカツさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で13,411円増えて1,0077,835円になりました。
総資産の増加率は7.78%で、2週間で首位を奪回しました。
8月20日から24日までの運用結果は、
MHAMJ-REITアクティブファンドは、+2.35%でしたが、
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド が+0.91%、
野村DC外国債券インデックスFは+0.43%で
保有している全投資信託がプラス運用の好成績でした。

第2位 ヤンバルクイナさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で12,358円減って1,060,632円になりました。
総資産の増加率を6.06%ですが、2位に後退です。
8月20日から24日までの運用結果は、
インデックスファンドTSPは-1.15%で大貢献です。
今月から参戦の、フィデリティハイイールドボンドAコース は-1.67%、
短期豪ドル債オープン(毎月分配型) も-1.65%でまずまずの成績です。
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は+0.04%でした。
総てのファンドがマイナス運用だったのが残念です。

第3位 久保田正広さん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で6,679円減って、1,043,276円になりました。
総資産の増加率は4.32%で、FP研究所 植田を抜いて3位に戻りました。
8月20日から24日までの運用結果は、
今月から参戦のeMAXISバランス(波乗り型)は-0.41%、
コモディティ・トレンド・オープンは-0.94%でした。
まだ充分に優勝を狙える位置です。
これからの躍進に期待しましょう。

第4位 FP研究所 植田

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で17,002減って、1,033,926円になりました。
総資産の増加率は+3.39%で、またBクラスに転落です。
8月20日から24日までの運用結果は、
ベトナム・ASEAN・バランスファンドが-6.49%で大失速です。
その他もイーストS・インドネシア株式オープンが-1.02%、
HSBC中国人民元ファンド-0.70%、シンガポール投資ファンドが-0.62%、
JPM・VISTA5・ファンドも-0.91%で
保有してる投信が総てマイナスの総崩れとなりました。
2週連続で良い流れが続いていたのですが、ここで息切れでしょうか?

第5位 よしきさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で7,972円減って、1,031,006円になりました。
総資産の増加率は+3.10%、2週連続でプラス運用です。
8月20日から24日までの運用結果は、
楽天日本株トリプル・ブルが-3.69%で失速、
世界経済インデックスファンドが-0.64%、
楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)が-2.80%で好成績です。
その他は、PIMCO米国ハイイールド債券(豪ドル) も-2.25%、
MHAM物価連動国債ファンド も-0.09%と残念な週になりました。

第6位 すぬさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間1,217円増えて、1,007,399円になりました。
総資産の増加率は+0.73%です。
今週はプラス運用でしたが、最下位にとどまっています。
8月20日から24日までの運用結果は、
大和住銀日本小型株ファンドは+0.31%でしたが、
その他の物価連動国債ファンドが-0.08%、
日本公共債ファンド2020が+0.19%、東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) が+0.46%でした。

今週は、8月の最終です。!!

9月の銘柄入替え前の順位はどのようになるのでしょうか??
それではまた1週間後をお楽しみに
(実況担当:FP研究所 小川)

 

主な指標(8/26時点)

項目 前週末比
日経平均株価 9070.76円 -91.74円(-1.0%)
TOPIX 757.23 -8.58(-1.1% )