8月5日投資信託トップ

資産運用選手権 投資信託(401K)レース8月1週目の速報です。

今週から8月のレースが始ました。

8月は疾走者6名中4名がプラススタートです。
総資産額で1位はレース開始から初めて久保田正広さんです!!
おめでとうございます!!
総資産額はプラス42,390円まで増えました。
今月は好調に快走を続けるのでしょうか?

全体のレース展開はスタートしてから週目で参加者全員での資産総額が6,134,831円、
+2.24%まで増えました。

2位にメンチカツさん、3位のヤンバルクイナさんは、プラス額を3万円台後半で追走体勢です。
Bクラスは少し離されて、4位がFP研究所 植田、5位がすぬさんです。
6位のよしきさんは、残念ながら資産総額がマイナスになってしまいました。

8月1日から3日までの運用結果で成績の良かった投資信託のベスト5

1位 コモディティ・トレンド・オープン【久保田正広さん】週間上昇率 +0.67%
2位 MHAMJ-REITアクティブファンド 【メンチカツさん】週間上昇率 +0.52%
3位 楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)毎 【よしきさん】週間上昇率 +0.39%
4位 フィデリティハイイールドボンドAコース【ヤンバルクイナさん】週間上昇率 +0.25%
5位 日本公共債ファンド2020 【すぬさん】週間上昇率 +0.23%

今週5位の日本公共債ファンド2020 【すぬさん】は、
主要投資対象が、信託終了日に近い日を償還日とする円建ての公社債で、
ポートフォリオ構築にあたっては、地方債や国債などの公共債を中心に投資を行い、
原則として、投資する公社債の償還日はこの投資信託の信託終了日を越えないものとし、
安定的な収益の確保をめざす投資信託です。

残念ながら、運用結果が良くなかった投資信託は次の5本でした。

楽天日本株トリプル・ブル 【よしきさん】週間下落率 -3.14%
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド 【メンチカツさん】週間下落率 -1.28%

今週は波乱含みの展開のようです。
日経平均は4週間におよぶ下落で調整一巡感が台頭しつつあります。
海外では、FRB、ECBともに今後の追加緩和の可能性を強く示唆していますが、
総裁発言から復調気配だった相場がECBの期待はずれの対応で流れが変わった
感も否めません。
また、スペインの10年債利回りが再びユーロ導入後の最高値を更新するなど、
欧州不安が強く意識される形となれば、東京市場も調整色を強めかねません。
アジアに目を向けますと、中国物流購入連合会が1日発表した7月の
製造業購買担当者景気指数(PMI)は3カ月連続で悪化しています。
景気の拡大・悪化を判断する節目となるところは辛うじて上回りましたが、
昨年11月以来の低水準です。
また、HSBCが発表した中国の7月PMI確定値は3カ月ぶりに改善したましたが、
7月24日に発表された速報値からは下方修正され、
景気判断の分かれ目となる指標を9カ月連続で下回るなど厳しい情勢となっています。

疾走中の6名の先週の運用成果と8月のレース戦略です。

第1位 久保田正広さん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で4,159円増えて、
1,042,390円になりました。
総資産の増加率は4.23%で,ヤンバルクイナさん、メンチカツさんをかわして
首位に立ちました。
8月1日から3日までの運用結果は、
今月から参戦のコモディティ・トレンド・オープンは、
+0.67%、eMAXISバランス(波乗り型)は-0.37%でした。
野村MMFは、40,837円の買い付けです。

◆8月のレース戦略をお伺いしました。
8月の銘柄入れ替は保有銘柄を全部売却し、次の投信を新規に買付します。
① 50万円分で三菱UFJeMAXISバランス(波乗り型)を新規買付
② 50万円分でITC-コモディティ・トレンド・オープンを新規買付
③ 100万円を超える残りの金額で野村MMFを新規買付
運用期間の折り返し地点です。
ここまでの利益を一度確定します。
基本的に「負けない」運用を目標です。
8月は相場が停滞する事が多いので eMAXISの2タイプあるバランス型のうち、
トレンド・フォロー戦略である波乗り型を選択します。
また、最近のコモディティ市場の荒れ具合を享受するために実績のある
コモディティヘッジファンドを組み入れました。

保有銘柄を統べた入れ替えれる8月の戦略はどのような結果になるのでしようか。

第2位 ヤンバルクイナさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で970円増え1,038,721円になりました。
総資産の増加率は、3.87%まで、僅差で首位を追走中です。
8月1日から3日までの運用結果は、
今月から参戦の、グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は-0.11%、
フィデリティハイイールドボンドAコース は+0.25%でまずまずのスタートです。
インデックスファンドTSPは-0.80%、
短期豪ドル債オープン(毎月分配型) は-0.15%でこちらは残念な結果です。

◆8月のレース戦略をお伺いしました。

新たに下記投信を追加します。
国際投資顧問のグローバルソブリン・オープンを10万円買い付け。
フィディリティ投信のフィデリティハイイールドボンドAコースを10万円買い付け。
日本株も世界情勢も全く見えない状況ですが、あまり動いても痛い目を見るだけと判断し、
インデックスファンドTSPと短期豪ドル債オープンはそのままにします。

新たに2本の投信を参戦させる攻めの戦略で、レースの主役に返り咲きはあるのでしょうか?

第3位 メンチカツさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で5,113円減り、1,0036,871円になりました。
総資産の増加率は3.68%で1位から3位に後退です。
8月1日から3日までの運用結果は、
MHAMJ-REITアクティブファンドが+0.52%でしたが、
ダイワ/“RICI(R)”コモディティ・ファンド が-1.28%、
野村DC外国債券インデックスFは-0.39%でブレーキになったのが残念です。

◆8月のレース戦略をお伺いしました。
投信については銘柄の入れ替えはしません。
実際の確定拠出年金と同じファンドで運用。
日本株ファンド、日本債券ファンドは保有せず、
不動産ファンド、コモディティファンド、外国債券ファンド。
外国株式はその都度変更しますが、現在は世界情勢不安定のため回避。
実際の確定拠出年金と同じ運用で、ちょっとは「さすがFP、やるじゃん」
とおっしゃっていただけると嬉しいです。

1位から後退とはいえほとんど僅差の3位です。
早めの首位奪回で勢いにのりたいところです。

第4位 FP研究所 植田

100万円の手元資金からスタートした総資産は、今週は6,811円増えて、1,009,806円になりました。

総資産の増加率は0.98%で、Bグループの4位が定位置になりそうです。
8月1日から3日までの運用結果は、
HSBC中国人民元ファンド+0.15%でしたが、
その他の、イーストS・インドネシア株式オープンは-0.97%
JPM・VISTA5・ファンドは-0.90%、シンガポール投資ファンドが-0.57%、
ベトナム・ASEAN・バランスファンドが-0.08%で総崩だったのが順位上を上げられない要因です。

◆8月のレース戦略を聞きました。
今月は、銘柄の入替えはしません。
新しい投信の選定も考えましたが、7月は保有している銘柄が総じて良くなかったので、
8月はリバウンドに期待してそのままで継続にしました。

銘柄入れ替えをせずリバウンドに期待する8月の戦略は成功するのでしようか?

第5位 すぬさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で223円増えて、1,008,334円になりました。
総資産の増加率は+0.08%です。
8月1日から3日までの運用結果は、
日本公共債ファンド2020は+0.23%でした。
大和住銀日本小型株ファンドは-0.25%でしたが、
物価連動国債ファンは-0.03%、
東京海上Roggeニッポン海外債券F(ヘッジ) が-0.06%で失速です。

◆8月のレース戦略を聞きました。
今月も投資割合を変えるかどうか迷いましたが、このまま様子を見ることにしました。
マイナス運用になったら、投資割合を変えるべきかなと考えています。

歩みはゆっくりですが堅実なレース運びで8月も着実に資産を増やす戦略です。

第6位 よしきさん

100万円の手元資金からスタートした総資産は、1週間で1,864円減り、998,709円になりました。
総資産の増加率は-0.129%で残念ながら赤字運用になってしまいました。
8月の巻き返しに期待しましよう。
8月1日から3日までの運用結果は、
楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)が+0.39で健闘しましたが、
PIMCO米国ハイイールド債券(豪ドル) が-0.23%、
世界経済インデックスファンドが-0.67%、
MHAM物価連動国債ファンド は-0.03%でマイナス運用でした。

 

◆8月のレース戦略をお伺いしました。
第3回目の投資戦略ですが、銘柄を変更せず引き続き積立投資を行います。
なかなか思うように上昇しないのが非常に残念ですがしかしそこが相場の面白みですね。
投資方法であるドルコスト平均法による積立投資の威力を早く発揮してくればと思っています。
我慢時です。
今回の積立投資は、国内債券の投資額を少額にしました。ここ最近、以前のように伸びていません
ので様子見程度に投資しました。
その他に関しては、資産配分を考えて積立投資額を決めました。
今月は総て追加購入です。
楽天日本株トリプル・ブルを8万円追加
MHAM物価連動国債ファンドを2万円追加
楽天USリート・トリプルエンジン(レアル)を7万円追加
世界経済インデックスファンドを7万円追加
PIMCO米国ハイイールド債券(豪ドル)を6万円追加

新たに30万円を保有中の投資信託の買い増しに充てる勝負に出ました。
期待大です。

8月はどんな戦いになるのでしょうか
それではまた1週間後をお楽しみに!!

(実況担当:FP研究所 小川)

主な指標(8/5時点)

項目 前週末比
日経平均株価 8555.11円 -11.52円(-0.1%)
TOPIX 723.94 -2.50(-0.3% )